M-RuS

牛革のお手入れ 1

革のお手入れ

革が乾燥すると、人の肌と同じようにひび割れを起こします。 革の表面(銀面)にひび割れが起こると元に戻せないため、定期的な保湿「オイルメンテナンス」が欠かせません。

お手入れのタイミングや頻度は、革全体に手で触れる機会が多い財布やキーケース、ステーショナリーグッズなどの小物と、触れる機会が少ない鞄とでわけて考えます。

革用のブラシで革表面のほこりを落とす

メンテナンスにおいて忘れがちなポイントが「汚れの拭きあげ」。オイルを塗る前に、革の表面のほこりや手垢をブラシや布で落とします。汚れやほこりが革に沈着してしまわないように、必ず拭きあげてください。

拭きあげの際には、ブラシや布を使ってやさしく汚れやほこりを落としていきます。縫い目も忘れずに拭いてあげましょう。

汚れがひどい場合には、ブラシや布でほこりを落とすだけでなく、かたくしぼった濡れタオルで革の表面を拭きあげます。汚れを水気でほぐすようなイメージで、やさしくゆっくりと拭きとっていきましょう。

コメントは受け付けていません。

特集